エドマスター株式会社

当社のCSR

貴方もできる支援活動
地域猫活動

空室対策は
リノベーションで解決!



想いをカタチにする

デザイン=機能美


公式LINEアカウント


ブログ

正社員募集

社会貢献活動

地図


別荘の運用代行

原状回復0マンション


オーナー負担「0」円の実現 ※月々の賃貸管理費のみ負担

実例

原状回復0マンション原状回復費用とは、借主の不注意によって、壊れた箇所や傷んだ箇所を補修するための費用です。原状回復費は賃貸収益を圧迫する原因の一つです。
エドマスターではこの原状回復費を0で運用できるマンションを設計しました。


オーナー負担ゼロの実現
  • 収益性の向上。
  • 内装・設備不良によるリスクを低減。
  • 収支予測の確実性を上げる。

具体的な方策
  1. 外断熱工法の採用
  2. 片流れ屋根の採用
  3. 無垢材の使用

外断熱工法の採用


メリット

コンクリート打ちっ放し仕上げや構造体の露出が可能⇒内装材の使用が少ないため、メンテが発生しない。
結露の発生が少ない⇒カビの発生、内装材の損耗の減少
エネルギー効率が良いため、設備機器の耐用年数が長くなる。⇒設備の故障による入替が少ない。


片流れ屋根の採用


メリット

初期費用が安い。
構造が単純のため、漏水トラブルが少ない。
メンテナンス費用が安い。


無垢材の使用


表面のシートが剥がれたら、原則張替が必要。
メリット

床材に厚みがあり、表面上の傷は修復可能。
板厚があるため衝撃等による損耗が少ない。
傷もデザインの一部となるため、メンテフリーになる場合もある。


原状回復費の試算 ※一般的な賃貸内装仕様との比較(税別)

<1年〜10年目>

クロス張替(5年毎) 600u×¥1,500×2回 =¥1,800,000
塗装補修(5年毎)  8部屋×¥150,000×2回 =¥2,400,000
フローリング張替(10年毎) 200u×¥12,000×1回=¥2,400,000

小計 ¥6,600,000−(a)

<10年〜30年目>

クロス張替(5年毎) 600u×¥1,500×4回 =¥3,600,000
塗装補修(5年毎)  8部屋×¥150,000×4回 =¥4,800,000
フローリング張替(10年毎) 200u×¥12,000×2回=¥4,800,000
下地補修(10年毎) 600u×¥8,000×2回=¥9,600,000

小計 ¥22,800,000−(b)
合計 (a)+(b)=2940万円

したがって、30年間で約3,000万円コストカットできます。

原状回復0円マンションの実例はこちらlink



空室対策のご相談

ページの先頭へ

ご相談はこちら